30F:神話を継ぐ者


...。



...。



母星と連絡が取れたの、アルコン...



えっ?



...!



オイオイオイちょっと待て、いきなり何言ってんだテメエ。



船団の壊滅、それが連絡が不意に途絶えた理由...ですか。



たった1体の化け物にやられただと?
何なんだその《星喰》ってのは。


宇宙最大...?



全てを喰らう...?



そいつがテメエの故郷を襲ったってのかよ。



この宇宙という場所自体、私達の理解の範疇を越えています。
そこで最も驚異的な存在となると...


もはや天災のようなものね。
いえ、それすらも生温いのかもしれない...


ふにゃ!?



ま、神サマ気取っても無理なモンはあるってことだ。



封印できただけでも相当な偉業だと思うわ。



...アルコン、大丈夫?



そんな!
でも...ふぎゃ!


ハン、そうかよ。
...で、これからどうするんだ。


うん、オッケー...
でもホントにいいの? 故郷に戻らなくて。


雇い主がそう言ってんだ、護衛の俺達は従うだけだろ。



そうですね、アルコンからはっきりと進む意思を感じます。



ええ...進みましょう。




このライオンもどき、F.O.Eで似たようなのがいたよな?



どうやらスタンと混乱は問題なく通るようです。
流石に耐久もずっと低いでしょう。


それなら何とかなるかなぁ。
消耗は激しいけれど!


アルコン、回廊の出口は...



は?



マジかよ、もう終わりか。



星喰は?



アルコンの仲間さん達が封印したんでしょ?



この奥に?



いえ、アルコンの口ぶりではそういったこともなさそうです。



...そう。



オイ、その覚悟ってのは何だよ。



どうやらこの先に次の星へと続く道があるようです。



やたらと「やり残し」について確認してきやがンな。
どうしてだ?


それは目の前の扉を開けたら「終わる」からでしょう。
モリイ、扉を開いてしまってもいい?


うーん...やり残し...なんだろ...



...。



そういやここ最近、ロクに酒場で依頼を受けてねえんじゃねえか?



依頼?
そういえばそうかも。


第六階層からは探索を優先していましたから。
今までは、追加された端から解決していましたが。


ふにゃ...!
もしかして重要な依頼が出てたりする?


さァな。



確認のため一旦戻りますか。
アルコンには少し待っていてもらって。


了解、そうしましょう。



TOP 第一、二階層 第三、四階層 第五階層 第六階層 ALL